株式会社ハピネスワーキング メンタルタフネス教育と予防カウンセリングで強く幸せな組織へ

ストレスチェック・サポート

労働安全衛生法改正により、2015年12月からストレスチェックが義務化されます。従業員50人以上の職場にはストレスチェック実施が義務付けられます(50人未満は当分の間努力義務)。 チェック結果において高ストレス者と判定された従業員に関しては、本人からの申し出を受けて医師による面接を受けさせることが義務となります。さらに、医師の意見に従い、残業規制、業務内容の変更など就業上の措置を取らなければなりません。

ストレスチェック制度でお悩みのお客さま

ストレスチェック制度でお悩みのお客さま

このようなことをお考えではありませんか?

  • どのチェックツールを選べばいいか悩んでいる
  • 実施の流れがわからない
  • とりあえずチェックをやればいいのか不安
  • ストレスチェックに詳しいスタッフがいない
  • 制度そのものがわからない

労働安全衛生法改正により、2015年12月からストレスチェックが義務化されます。従業員50人以上の職場にはストレスチェック実施が義務付けられます(50人未満は当分の間努力義務)。
チェック結果において高ストレス者と判定された従業員に関しては、本人からの申し出を受けて医師による面接を受けさせることが義務となります。さらに、医師の意見に従い、残業規制、業務内容の変更など就業上の措置を取らなければなりません。
とりあえずチェックだけをやればいいと考えている方もいらっしゃるようですが、安易に実施してしまうと混乱を招く恐れがあります。留意すべきポイントがいくつかあります。

  • 社内体制をしっかり作らないとスムーズな実施ができない

  • 従業員への説明が不十分だと反発を買う

  • 医師がストレス診断できるとは限らない

  • 高ストレス者が必ずしも医師の面接が必要とは限らない

  • 高ストレス者のケアは時間をかけてしていく必要がある

  • 管理職に職場環境改善の意識を高めてもらうことが重要

これらをはじめ、クリアしなければいけないハードルがいくつもあります。
ストレスチェックを活用することで、職場環境が改善して生産性が上がり、組織は伸びていきますが、そのためには、実施者である医師または保健師を立てるだけでなく、ストレスマネジメント及び組織心理学に精通したスタッフを交えて運用していくことが重要です。

わたしたちがお手伝いできること

船見敏子は10年前から、ストレスチェック業務に携わってまいりました。その経験とノウハウを駆使し、チェック結果をもとにした面談を中心に、導入にあたっての社内体制作り、ツール選び、高ストレス者対応、職場改善までトータルでサポートいたします。ストレスチェックを開発・提供するEAP機関とも連携しておりますので、どのような規模・ニーズにもお応えいたします。

ストレスチェックサポートの流れ

サービスの特長

  • ストレスチェックに精通する専門家がチームを組んで対応します
  • 高ストレス者選定のサポートをします
  • 職場改善のためのメニューを多数取り揃えています

疲弊している従業員のケアだけでなく、組織全体の健康度を上げ、モチベーションの高いイキイキした組織づくりに貢献いたします。
まずは無料コンサルティングでお悩みをお聞かせください。最適なツールや方法をご提案いたします

お問い合わせ 特徴